日本大学工学部 校友会

College of Engineering, Nihon University Alumni Association.

校友会便り

キャンパス界隈

日大工学部の界隈にある日大生ゆかりの下宿や飲食店・お店などを、懐かしいエピソードや当時の写真なども交えてご紹介。

下宿「サトー荘」

40年前に、兼業農家の佐藤さんご夫妻は、奥様がお世話係、ご主人が食物の栽培担当として下宿「サトー荘」を開業されました。建物は当時のまま変わっておらず、訪ねてくる卒業生はみなさん懐かしむそうです。学生は今も約20人が入居しています。愛情と栄養たっぷりのお米と野菜が開業当時から変わらず、学生の食卓に並びます。

「サトー荘今昔物語」

私は、昭和52年4月から工学部へ入学し、縁あって「サトー荘」で学生生活を過ごさせて頂きました。昨秋、久しぶりのサトー荘同窓会を開催する運びとなり、私達昭和52年入学組四人が幹事役となりました。

下宿「熊倉荘」

当初、ご主人の知人が同所で下宿を経営されており、昭和54年に熊倉さんご夫妻が引き継がれ、「熊倉荘」として開業されました。39年前の事です。

「熊倉荘の想い出・・・そして、今」

自由気ままな学生生活を終え、郡山の地を離れてから何と30数年が経ってしまいました。しかし多くの人が感じているように(たぶん)、昨日の事のように蘇ります。特に熊倉荘での想い出は数え切れません。

セブンイレブン「郡山日大前店」

校友の中にも学生時代にご利用された方が多くおられると思いますが、大学の正門東側にあるセブンイレブンのオーナーである川島さんは工学部の校友なのです。

「あさか写真館」

工学部生のほとんどが目にした店頭の風景、撮影でお世話になった学生も多いと思います。

下宿「あづま荘」

当初、奥様のおばさんが経営されており、昭和51年にご夫妻が引き継がれ「あづま荘」として開業されました。

下宿「中央荘」

新築当時、畑の真中に一軒だけだったので、真ん中だからと中央荘と命名したそうです。