日本大学工学部 校友会

College of Engineering, Nihon University Alumni Association.

開講式 手塚校友会会長挨拶(5月7日)

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

第13代校友会長の手塚公敏です。昭和43年3月、土木工学科の卒業生です。新入生の皆さんは大変良い大学に入学されました。それはなぜか? 日本大学工学部には昭和33年に設立し、今年度で53年を迎えた校友会があります。校友は全国で約52,000人おり、社会で活躍しています。

工学部の学生は全国から集まり、東北郡山という地で青春時代を過ごすせいか、卒業してから何十年たっても友情に篤く、深い絆で結ばれており、そして何よりも工学部を愛しています。そんな卒業生が校友会の組織として、北海道から九州に至る地域に七つの支部を、そして全国の高校教員を中心に組織された職域部会を設立し、それぞれが今日まで活動しています。

また、4月23日には校友会の通常総会が開催され、震災後の母校の様子を心配する全国の卒業生が参加しました。大学の様子を見てまわり「母校は大丈夫」と仲間に報告出来ると喜んで帰りました。このように入学生の皆様にとって親しみを持てる先輩方が、全国各地に沢山おり、就職活動の際には大きな力になってくれると思います。また、就職活動のときには、是非校友会を活用して下さい。校友会は「就職支援特別委員会」を設置して、大学と協力して活動しております。

入学生の皆様は、日本大学工学部に入学したのですから、友人を沢山作り、お互いに協力し、これからの学生生活を大いに楽しんで下さい。学生生活で築き上げた人間関係が、きっとあなた方とっての財産になります。今後の皆様の4年間の学生生活を応援しています。

日本大学工学部校友会
会長 手塚公敏

あわせて読みたい